最近の金融用語辞典

民事再生とは

民事再生とは、家や車といった所持している財産を手放さずに、借金を減額できる債務整理の一つです。借金の減額は具体的に説明すると、借金の総額の原則5分の1。

 

あるいは、100万円までカットして債務を整理することができます。例えば、個人で500万円の借金があった場合、収入に応じて3年間で200万円を返済するという計画を立てます。

 

そして、裁判所がこの再生についての返済計画を認めて、債務者が実際に3年間で再生計画どおりに返済することができたら...

 

自己破産といった債務整理と違い、財産をある程度守った上で、残りの300万円の借金が免除されることになります。

 

このように財産を守りつつ借金が減額できるわけですが、民事再生を受けるにはいくつかの条件をパスする必要があります。

 

それは、住宅ローンを除く借金が5,000万円以下であること。そして、継続して収入の見込みがある、ということです。これについては、継続的収入があればアルバイトでも問題ありません。

 

なお、民事再生は大きく分けると、小規模個人再生と給与所得者等再生の2つがあって、収入の変動幅がある場合には「小規模個人再生」の手続きになる可能性があります。

 

この場合、ちょっとややこしくなりますが、債権者数の2分の1以上の反対がなく、さらに、反対した債権者の債権額の合計が、全債権額の2分の1を超えていないことが条件になります。

 

このように、民事再生は条件さえパスできれば、財産を手放さずに借金を減額できるわけですが、始めから、債務整理まで陥らないような返済計画を立てるにこしたことはありませんね。