最近の金融用語辞典

過払い金請求とは

過払金請求という言葉を一度は聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか?!近年では、それを謳った弁護士や司法書士事務所のCMや広告などもよくみかけますからね。

 

過払い金請求とは、読んで字の如く、本来の返済額よりも多く返してしまったお金を返してもらうことですが、何故、返済の支払い過ぎたといったことが発生るのか?不思議ですよね。

 

これについては、利息制限法というものが関連してきます。一般に、消費者金融のキャッシングなどで借り入れを行う場合...

 

貸付の利息については、この利息制限法により借入れした金額の高い低いに応じて、それぞれ一定の金額が定められています。

 

とはいえ、制限利率を超えた利息がつけられているのが現実で、この要因となっているのが、出資法の「29.2%」という数字です。

 

利息制限法を超えた利息をつけていても、この出資法の29.2%を超えない限りは罰せられることがないのです。これが俗にいわれる「グレーゾーン金利」というものです。

 

しかし、利息制限法では金額が定められていますよね。そのため、このグレーゾーン金利と利息制限法で定められた制限利息内の金額が過払い金として基本的に扱われているわけです。

 

しかし、利息制限法の同条2項に「制限利息を超える利息を任意に支払ったときはその返還を求めることができない」という項目もあり、返還請求も問題を抱えているようです。

 

 

キャッシング関連リンク: http://www.valleyonion.org/