最近の金融用語辞典

自己破産とは

自己破産といえば、耳にしたことがある人も少なくないと思います。意味としては、借金をすべて清算する方法ですが、これは債務整理という歴としたとした法的手続きなになります。

 

自己破産の定義は、大方の借金を免責する方法になりますが、詳しく説明すると、債務者自らが裁判所に申し立てる破産のことを一般的に自己破産と呼んでいます。

 

とはいえ、当然ではありますが、自己破産をするにしても条件があります。まず、債務者が努力しているにも関わらず支払不能と裁判所が認めること。

 

さらに、免責不許可事由がないということ。これらの条件を満たし上で、尚且つ「免責許可の決定」が確定しなければなりません。

 

確定してはじめて債務の支払い義務が免除されます。つまり、借金がなくなるわけです。コレだけ見ると債務者としてはかなり嬉しい法律ですよね。

 

しかし、世の中そんなに甘くありません。当然それに伴うデメリットも存在します。まず、自分の財産を失うことになります。さらに、金融業者からお金を借りたり、ローンを組んだり...

 

といったことができなくなります。その上、連帯保証人に関しては自己破産は適応されないため、保証人になっている人へ取り立てが行くことになり多大な迷惑をかけることになります。

 

自己破産というのは、借金に苦しむ人が新しいスタートラインに立てるようにと国が用意した制度ですが、それに伴い今まで積み上げてきた財産をすべて手放さなければいけません。

 

自己破産をすること自体はやむを得ない理由があってのことですし、決して恥ずかしいことではありませんが、借金問題を抱えたときの最後の砦と考えておいたほうがよいでしょう。