屋根修理を行う際の工事の種類について

投稿者: | 2020年2月12日

初めまして、こんにちは!関東在住の岩井という者です。

今日から屋根修理に関するブログを始めることにしましたので皆さんよろしくお願いします。

しかし、去年は本当に台風が多い年でしたね。皆さんの家の屋根は大丈夫でしたか?私の家は台風によって屋根の何箇所かが破損してしまい修理を行いました。

ただ、これだけ台風が上陸したことを考えると、見た目では何もないにしても少なからずダメージを負っていることは確かです。

私は以前、屋根修理業者でアルバイトをしていた経験があります。それを生かして少しでも皆さんのお役に立つ情報を発信していければと思っています。

屋根工事 種類出典元:写真AC

 

屋根工事の種類

さて本日ですが、屋根修理では基本中の基本といえる「屋根工事の種類」を確認していきましょう。

屋根修理を行う際の工事は、大きく分けて「屋根塗装工事」と「屋根葺き替え工事」の2つに分けることができます。

 

屋根塗装工事

屋根工事 塗装出典元:写真AC

屋根材の塗料が劣化することで、耐久性も弱っていきますし、見栄えも悪くなります。

このようなときに行う修理が、屋根塗装工事になります。内容は、劣化した塗料やゴミ・誇りを高圧洗浄機で除去してから、再度塗料を塗っていく工事になります。

屋根は見違えるほどキレイになり、耐久性も劣化時に比べてアップします。なお、日本瓦屋根には、屋根塗装工事は適していません。

 

屋根葺き替え工事

屋根工事 葺き替え出典元:写真AC

既存となる痛んだ瓦屋や屋根材をすべて新品に取り替える工事を葺き替えといいます。

屋根の劣化の度合いや傷み具合によっては、瓦や屋根材を支えるために張る「野地板」も取り替える必要があります。

葺き替えなら日本瓦からストレートといったように、種類が違う屋根材に変更することも可能です。